蹴【kelu】vol.7 組み合わせ

kelu7_panf_naka

コメントは受け付けていません。

蹴【kelu】vol.7 USTREAMでLIVE中継決定!!

ピクチャ 21

いよいよ10日後に迫った「蹴【kelu】vol.7」のUSTREAMでのLIVE中継が決定!
蹴【kelu】史上初、そしておそらく日本初となるであろうセパタクローの生中継。遠方でイベントに来れないセパタクローフリークはもちろん、蹴【kelu】を、セパタクローをもっと知ってもらいたいというフォロワーのみなさん、下記URLは要チェックです!

http://ustre.am/hUtd

コメントは受け付けていません。

蹴:KELU Digest Movie//MOVIE ON YOUTUBE.

(続きを読む…)

コメントは受け付けていません。

蹴:KELU 大阪//MOVIE ON YOUTUBE.

 

(続きを読む…)

コメントは受け付けていません。

蹴【KELU】とは?

kelujp_about01

「愛するセパタクローを日本でも広めたい!」。そんな熱い想いを抱き続けながら、世界を舞台に戦ってきた日本代表選手たち。が、国際舞台でいくら結果を出そうとも、日本に帰れば待てど暮らせどマイナースポーツ、それも「マイナー中のマイナー」をひた走る状況についにぶちキレて(!?)、セパタクローにまったく新しい解釈を与えたのが「蹴【kelu】 -JUST FLY HIGH-」。

(続きを読む…)

コメントは受け付けていません。

TEAM朱雀

team_suzaku_logo

次世代の日本代表を背負って立つ才能が結集した朱雀。

次期代表エース候補筆頭のアタッカーTERASHIMAを支えるのは、常に冷静沈着なトサーJUNと、魂の弾丸サーバーMASA。それぞれのポジションに必要な「動」と「静」を両翼に据え、TERASHIMAが豪快に躍動するようだと、大いなる可能性を秘める。

1st  seasonに続いて「常勝朱雀」の第一歩となるか?

コメントは受け付けていません。

TEAM玄武

team_genbu_logo

「生きる伝説」たじけん率いる玄武は、サーバーに「千のサーブを持つ男」YOSHITAKA、アタッカーに本場タイリーグで活躍する「侍アタッカー」TERAが入り、実質、現日本代表最強レグとなった。特に、海外の競合国相手に幾多の激戦を繰り広げ、日本セパタクロー界の一時代を築いた、たじけん、TERAの黄金ラインは要注目。

言わずもがなの優勝候補筆頭。

コメントは受け付けていません。

TEAM青龍

team_seiryu_logo

自らが発起した【蹴】でプレイヤーとして第一線に返り咲き、「世界一美しい」と賞されるアタックで日本代表に復帰したJUNYA。2010年の蹴【kelu】は若手YO-SKE、サーバーにTUKAを擁す青龍で挑む。
新チームの融合ももちろん注目だが、個人的には赤いトサカがトレードマークだった「変幻自在のサーバー」TUKAが青龍に移籍し、そのトサカっぷりがきになるところではある。

コメントは受け付けていません。

TEAM白虎

team_byakko_logo

セパ歴が浅く、蹴【kelu】での観戦のみの筆者にとって最も想像し難いのが新生・白虎。
日本代表メンバーが入り乱れる蹴【kelu】ならではのメンバー構成は期待と不安が混在する。しかしながら、北海道が誇る闘魂サーバーHIRASE、タイリーグでも活躍するMATSU、荒削りながらそのアタックスピードはワールドクラスのNORIと、素材は確実に一級品。そこにどんなチームケミストリーが生まれるのか?注目である。

コメントは受け付けていません。

球舞

kyubu_logo

「世界が尊敬する日本人100」にも選出された、日本が世界に誇るFreestyle Football Crew「球舞(キュウブ)」。「蹴る」繋がりで、蹴【kelu】創世記から歩みを共にする彼らが繰り出すパフォーマンスもまた、裕に世界レベル。

(続きを読む…)

コメント (2)

「今までは待つことしかないと思っていた。でももう待つことはやめにしたんです。」矢野順也インタビュー

yano_interview

表現者に活躍の舞台を作るNPOとして東京渋谷で活動するKOMPOSITION。今までグラフィティアートやストリートバスケットボールといったストリート色の強いアクティビティを行ってきた“コンポジ”が、世の中に新たな衝撃を与えるべくタッグを組んだのはセパタクロー!!…ってマジ!?このクレイジーなイベントを仕掛けることになった全ての始まり=矢野潤也が、セパの今までと、keluへの想いを熱く語った。

(続きを読む…)

コメントは受け付けていません。

fanta.

team_fanta_logo

蹴【kelu】が誇る、何とか娘的存在のFu–とAZUSAが揃って登場。エキシビションマッチだもの、ご来場頂いた男子には「日本セパ界にはこういう要素もあるぞ」と自信を持ってお贈りしたい。そんな二人を支えるのは、久しぶりに蹴【kelu】に登場、infi.のさわ&ChihaLと共に日本女子を引っ張るSATOMI。豊富な経験に裏打ちされた的確な読みとセンスは抜群で、infi.を喰う可能性は十分ある。

コメントは受け付けていません。

infi.

team_infi_logo

「Road to 広州」を語る上で外せないのが「日本が誇る女子ダブル」さわ&ChihaLのふたり。ついに世界最強の一角を破り、世界大会で銀メダルにまで手が届いたペアである。そこに今回加わるのは蹴【kelu】初参戦、学生セパ界のホープYUMI。サッカー上がりのボールタッチは定評があるが、問題はその「ノミの心臓」。初めての蹴【kelu】、大先輩とのレグと、心臓に悪い要素は揃ってるだけに、もうこうなりゃ「JUST FLY HIGH」。殻を破る瞬間が見られるコトを期待したい。

コメントは受け付けていません。

セパタクローとは?

about_sepa

マレー語で「蹴る」を表す「セパ」と、タイ語で「ボール」を表す「タクロー」。東南アジアが発祥のこのスポーツの歴史は深く、9世紀頃から行われている。ゲームはバドミントンと同じ広さのコートと同じ高さのネットに、3人1組の2チームがネットをはさんで勝敗を競い合う。ネットを挟んだ状態で、その名の通りボールを蹴り合う様から「足のバレーボール」とも形容されるセパタクローだが、バレーボールとは違いアタックやブロックももちろん足で行うため、その激しさから「空中の格闘技」とも呼ばれている。ルールはバレーボールに似ているが主に「腕、手を使ってはいけない「1人で続けて3回までボールにタッチしてよい」「守備位置のローテーションはない」という3点で異なる。

(続きを読む…)

コメントは受け付けていません。

蹴ステッカー出荷!

kelu_sticker01
(続きを読む…)

コメントは受け付けていません。